エルドレッド オープン戦・098から一転打ちまくり・455

[ 2017年4月4日 21:41 ]

セ・リーグ   広島7―1中日 ( 2017年4月4日    ナゴヤD )

<中・広>2回表1死二塁、エルドレッドは左中間に2点本塁打を放ちナインとハイタッチ
Photo By スポニチ

 オープン戦での不調がうそのように広島のエルドレッドが開幕から打ちまくっている。

 オープン戦で打率・098と不振を極めた長距離砲だが、最後3試合で2発と爆発の兆しを見せていた。開幕戦は代打で出場し内野安打。2戦目からはスタメンで4打数2安打、2打数1安打。この日の中日戦は2回に先制の2ランを放った。

 4試合終え打率・455、出塁率は・600。「キャンプ、オープン戦を通じて浮き沈みあったが、オープン戦の最後の方に自分のスイングの形ができてきて、いい形でシーズンに持ってこられたと思っている」と充実感をにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月4日のニュース