ダル 5四球の内容も指揮官は不問「全体的には安定していた」

[ 2017年4月4日 15:46 ]

開幕戦に先発したレンジャーズのダルビッシュ (AP)
Photo By スポニチ

 初の開幕投手を任されたレンジャーズのダルビッシュは7回途中まで投げて4安打4失点。序盤から制球が定まらず、初回から3回まで毎回の与四球。5回は2つの四球が絡み、無死満塁のピンチを迎えた。

 5四球は昨年8月24日のレッズ戦以来。ただ、試合後のバニスター監督は「5四球はさほど問題ではない」とコメント。さらに、最初の27球で16球がストライクであったことを指摘した指揮官は「確かにコントロールが乱れる場面もあったが、全体的には安定していた」と投球内容に不満を漏らす様子はなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月4日のニュース