向上お手上げ21三振「変化球見極められなかった」

[ 2014年7月31日 05:30 ]

<向上・東海大相模>9回1死三塁、20個目の三振を奪われベンチに引き揚げる安達

第96回全国高校野球選手権神奈川大会決勝 向上0―13東海大相模

(7月30日 横浜)
 向上は30年ぶり3度目の決勝に臨んだが、21三振を喫して零敗。初出場を逃した平田隆康監督は「(吉田の)変化球を見極め切れなかった。相手が上手だった」と完敗を認めた。4回にチーム初安打となる中前打を放った菅野主将は「粘り切れず悔しい。投手を早く楽にしてあげたかった。相模には頑張ってほしい」とエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年7月31日のニュース