中日・浜田 9失点KOで2軍落ち 指揮官「壁に当たっている感じ」

[ 2014年7月31日 05:30 ]

<広・中>9失点にガックリの浜田

セ・リーグ 中日2-9広島

(7月30日 マツダ)
 若き左腕が炎上した。中日の先発・浜田がともに自己ワーストの12被安打9失点で、先発では自己ワーストタイの4回KOされた。

 歯止めが利かなかった。1点リードの3回1死一、三塁、菊池に痛恨の逆転3ランを浴びると、その後も打ち込まれ、この回一挙7失点。浜田は「ボールが全部高かった。それ以外にないです」と不本意な投球内容に肩を落とした。谷繁兼任監督は「一番最初の壁に当たっている感じ。今の状態では難しいので一回落とすことにします」と2軍降格を決めた。ここまで5勝を挙げ、将来性も期待される。指揮官は実力ではい上がってくる時を待つ。

 ▼中日・和田(体調不良で29日の試合を欠場していたが、7回に代打で出場し遊ゴロ)風邪とかがいろいろ重なった。様子見だけど、大丈夫かな。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年7月31日のニュース