広島、4点差守れず逆転負け…7月負け越し、野村監督「残念」

[ 2014年7月31日 22:35 ]

セ・リーグ 広島4―6中日

(7月31日 マツダ)
 広島は4点差を守れず、痛い逆転負けを喫した。先発の戸田が4回に4点を奪われて同点とされると、2番手の中崎が勝ち越し点を献上。7月の負け越しも決まり、野村監督は「精神的なところかな。残念ですね」と悩ましげだった。

 戸田は先頭打者の和田に本塁打を浴び、その後は歯止めが利かなかった。「気持ちには余裕があったが、どこかで負けていた」と反省しきりで、指揮官は若手2投手へ「いつか返してくれると信じて使うしかない」と奮起を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年7月31日のニュース