中日 1番・藤井が同点&勝ち越し打「チームに勢い付けられた」

[ 2014年7月31日 21:57 ]

<広・中>掲げたバットでVの字をつくりファンの声援に応える藤井

セ・リーグ 中日6―4広島

(7月31日 マツダ)
 この日1番に入った中日・藤井が同点、勝ち越し打と大暴れ。「チームに勢いを付けられればと思っていた」と言葉通りの活躍で、チームの後半戦3カード連続勝ち越しに貢献した。

 序盤に4点を奪われる展開も「回が浅かったし、諦める姿勢はなかった」(藤井)という。4点差を追う4回、先頭・和田の16号ソロなどで1点差として、なおも2死三塁から同点の右越え二塁打。6回には2死二塁から左翼への適時二塁打を放ち、試合をひっくり返してみせた。「みんながいい形で回してくれた。バットを振ったら飛んだ」と謙そんするがそれでも「一生懸命だったので」と笑顔で振り返った。

 3位広島に1・5ゲーム差とし「チームはいい雰囲気。このまま勝ち続けたい」と藤井。Aクラス入りへ、8月反攻を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年7月31日のニュース