歳内「無我夢中」で投げた 無死満塁から完全救援でプロ初勝利

[ 2014年7月31日 05:30 ]

<神・ヤ>4回無死満塁から登板し、無失点に抑える好救援を見せた歳内

セ・リーグ 阪神5-4ヤクルト

(7月30日 甲子園)
 こん身の力を込めて腕を振った。阪神・歳内が1―3の4回無死満塁で先発の二神を救援し、無失点に切り抜ける。

 これで流れを変えると、直後に打線が一挙4点で逆転。3年目、通算10試合目の登板でプロ初白星を手にし、チームの連敗ストップの立役者となった右腕は「うれしいけど、まだあまり実感がない」と初々しく振り返った。

 この回、投手の石山から直球で見逃し三振を奪うと、山田と対峙(たいじ)。4年前の夏の甲子園。聖光学院(福島)のエースだった歳内は、山田擁する履正社(大阪)と3回戦で激突。山田に2点本塁打を浴びた。「あの時は“打たれるかも”って変な予感がして。そしたら案の定」と振り返ったが、再戦の舞台も甲子園。自己最速147キロの直球で攻め、最後はフォークボールで空振り三振に。森岡は1球で二ゴロと完璧な救援で追加点を許さず「走者は気にせず、無我夢中で投げた。直球でファウル、空振りを取れたのは一つの成長」と自賛。和田監督も「きょうは歳内でしょ!文句なし」と絶賛した。

 昨オフに佳奈夫人と結婚。生後3カ月半の長女がいる。21歳の若きパパは「最近、寝返りをしたんですよ。朝、僕が起きると横で笑ってる。必死に何かをしゃべろうとするし、本当に可愛い」と目を細める。

 兵庫県出身。聖光学院時代に東日本大震災に遭った。11年ドラフト2位で入団し、高校時代にも経験した甲子園でようやく第一歩を踏みだした。「福島の方に支えられていなかったら、ここまで来られなかった。自分の仕事をしっかりして、その姿を見てもらえることが恩返し」と飛躍を誓った。

 ▼阪神・中西投手コーチ(歳内について)気持ちが前向きだった。打者に向かっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年7月31日のニュース