楽天 連敗3でストップ!塩見、6回途中1失点の好投で4勝目

[ 2014年7月31日 21:24 ]

<楽・ソ>2回1死二塁、右越えに2点本塁打を放った藤田

パ・リーグ 楽天5―1ソフトバンク

(7月31日 コボスタ宮城)
 楽天がソフトバンクに快勝し連敗を3で止めた。初回、1死から藤田の中前打で出塁。続く岡島の二塁への当たりをソフトバンク・本多がトンネルし、打球が右中間を抜ける間に、一走・藤田が生還し1点を先制。なおも1死一、三塁から銀次の中前打でこの回2点を奪った。

 2回には1死一、三塁から暴投で加点後、藤田が4月19日以来となる右越え2号2ランを放って突き放した。

 先発・塩見は5回2/3を6安打1失点で降板。その後は福山、クルーズ、ファルケンボーグの無失点リレーで逃げ切った。塩見は今季4勝目。

 ソフトバンクは6回、2死から連打で一、二塁とし、内川の右前適時打で1点を返したが、反撃はこの1点のみ。先発・東浜は5回1/3を7安打5失点と崩れ、チームの連勝は6で止まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年7月31日のニュース