オリドラ1吉田一 粘投4勝「大事な試合だと思っていた」

[ 2014年7月31日 05:30 ]

<オ・西>4勝目を手にしたオリックス・吉田一

パ・リーグ オリックス8-1西武

(7月30日 ほっと神戸)
 オリックスのドラフト1位新人の吉田一が5回1/3を無失点に抑え、4勝目を手にした。

 7回途中まで完璧だった前回登板から1週間。「きょうが大事な試合だと思っていた。0点に抑えられて一番、良かった」と充実感に浸った。前回とは違い、毎回走者を背負ったが、崩れなかった。これで後半戦は2試合連続の無失点で連勝。「一試合ずつ試合をつくって失点を少なくしてしっかりやっていきたい」とさらなる貢献を誓った。

 ▼オリックス・T―岡田(3安打3打点。6回に左翼へ16号2ラン)イメージ通りの完璧な打ち方ができた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年7月31日のニュース