斎藤佑、785日ぶり白星!走者出しても粘りの投球で6回1失点

[ 2014年7月31日 21:47 ]

<ロ・日>6回裏、この試合、初めて三者凡退で抑えた斎藤佑は市川とタッチ

パ・リーグ 日本ハム3―1ロッテ

(7月31日 QVCマリン)
 日本ハムは先発の斎藤佑が6回で6安打5四死球と走者を出しながらも1失点と粘投。12年6月6日の広島戦以来785日ぶりの白星を挙げた。

 5回まで毎回得点圏に走者を背負いながら、2つの併殺打を奪うなどピンチで粘り、6回を投げ角中のソロ本塁打による1失点のみに抑えた。打線は1点を追う6回、1死一塁から大引の中越え適時三塁打で同点に追いつき、続く小谷野の中前適時打で勝ち越し。8回には中島のスクイズで1点を追加した。

 ロッテは2回に角中の右越え本塁打で1点先制したものの、変化球を多投する斎藤佑をとらえきれず。好機で1本が出なかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年7月31日のニュース