内川 全3打点 “お得様”松井裕討ちも「投げるたびにいいボールに」

[ 2014年7月31日 05:30 ]

<楽・ソ>9回無死、内川(右端)は中越えソロを放ちアゴタッチ

パ・リーグ ソフトバンク3-0楽天

(7月30日 荘日ス)
 「松井裕キラー」の面目躍如だ。ソフトバンクの内川が6回2死一、三塁で回ってきた第3打席で右中間を破る先制2点二塁打。オール直球勝負で来た2ボール1ストライクの4球目、真ん中高めをしっかり捉えた。

 この試合前まで4打数4安打4打点と得意にしていた松井裕から先制点を奪い「いいところで打てた」と声を弾ませた。

 試合後、内川は「投げるたびにいいボールになっている。久々に打席でワクワクしたよ」と非凡なセンスを持つ左腕へ敬意も忘れなかった。力を認めるからこそ全力で仕留めにいった。松井裕が昨秋にプロ志望届を出した際、対戦したい打者として名前を挙げたのが内川だった。さすがの貫禄を示し、これで対戦成績は7打数5安打6打点となった。9回には斎藤から中越え12号ソロ。チームの全3打点を一人で叩き出した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年7月31日のニュース