杉内 11Kも白星逃げた 通算59度目2桁奪三振は歴代4位

[ 2014年7月31日 09:15 ]

<巨・D>杉内は力投する

セ・リーグ 巨人3-2DeNA

(7月30日 京セラD)
 巨人先発の杉内は8回3安打1失点と相手打線を封じ、今季最多の11三振を奪った。

 9回に片岡の失策で同点とされて8勝目こそ逃したが、圧巻の投球内容。「序盤は球が高く、とにかく低めに、と意識して投げた。三振の数は特に意識しなかった」。2桁奪三振は昨年8月31日の中日戦(東京ドーム)以来で、通算59度目(歴代4位)となった。

 ▼巨人・片岡(9回守備で1死一、二塁から併殺を狙い、一塁への悪送球で同点とされ)勝てたのは良かったですが、杉内さんに申し訳ないです。勝ちをふいにしてしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年7月31日のニュース