青木は3球三振など無安打 ナックルカーブ「忘れたころに…」

[ 2014年7月31日 13:30 ]

ア・リーグ ロイヤルズ3―2ツインズ

(7月31日 カンザスシティー)
 ロイヤルズは連敗を2で止めたが、青木は3回に3球三振に仕留められるなど無安打に終わった。相手先発ヒューズの勝負球ナックルカーブについて「速いカーブという感じで、忘れたころに投げてくる」と解説し、手を焼いたことを認めた。

 1点リードの7回終了後に退いた。ヨースト監督は「(交代出場の)ダイソンと右翼に回ったケーンは守備範囲が広い」と、好守の青木を交代させた理由を説明した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年7月31日のニュース