海星1、2年生パワーで鮮やか逆転勝ち 昨秋初戦敗退から雪辱

[ 2014年7月31日 05:30 ]

<創成館・海星>優勝を決め、応援団に挨拶行く海星ナインとガックリの創成館

第96回全国高校野球選手権長崎大会決勝 海星7―4創成館

(7月30日 長崎県営)
 第96回全国高校野球選手権大会(8月9日から15日間、甲子園)の地方大会は30日、4大会で決勝が行われ、長崎大会では海星が創成館を7―4で下し、3年ぶり17度目の出場を決めた。2年生で4番を打つ平湯蒼藍(そら)内野手が5回に勝ち越し2点二塁打、9回にソロアーチと3打点の活躍。今春センバツ出場校で夏初出場を目指した創成館を逆転した。31日は愛知大会で決勝が行われ、全49代表校が出そろう。

 鮮やかな逆転で海星が3年ぶりの甲子園出場を決めた。原動力は先発9人中6人が並ぶ1、2年生パワーだ。その中心で4番に座り、この日3打点の平湯が勝利インタビューのマイクに向かって叫ぶ。「最高です!」。巨人・阿部慎之助ばりの決めぜりふに満員の海星応援席は大喜びだった。

 初回に2点を先制される苦しい展開に耐え抜いたのも2年生右腕・石場だった。「点を取られても3年生野手が落ち着けと声を掛けてくれた。球の切れがよくなかったけど気持ちを込めて投げた」と2回以降は立ち直った。6回無死二、三塁のピンチで登板した背番号1・吉田が「しっかり流れをつくってくれたので、自分が壊すわけにはいかない。3年生の意地で投げた」と後続を3者連続三振に斬り、ピンチを脱した。

 1、2年生6人のうち平湯、高山、桑原、服部の4人は海星中リトルシニア出身。3年前の秋、全国16強入りしたチームの主力たちだ。中でも平湯は中3でシニア日本代表として米国での世界大会に出場。打率・564でチーム首位打者に輝いた。この日は2―2の5回2死二、三塁に「初球から打っていこうと思った」と内角低めのスライダーを一塁線に引っ張り勝ち越しの2点二塁打。さらに9回、高校通算19本目となる右中間ソロ本塁打でダメを押した。

 昨秋の県大会では大村工に3―5でまさかの初戦敗退。「海星は弱いと言われ悔しくて冬に頑張って6月のNHK杯に優勝できた。キャプテンたち3年生はつらかったと思うが背中で引っ張ってくれたことに感謝したい」と平湯が上級生に頭を下げれば、初スタメンで3安打し下級生に負けない活躍を見せた原田主将は「チームワークの勝利です」とナインの“和”を強調した。76年には「サッシー」こと酒井(現ヤクルトスカウト)を擁して4強入りした古豪が一丸野球で甲子園に挑む。

 ▼西武・永江(11年度卒OB)僕たちは(11年夏に)2回戦で負けたので、今年はそれ以上の結果を残してほしいです。全力で頑張ってください。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年7月31日のニュース