デスパイネ 初4番も4タコ 変化球攻めに苦しむ

[ 2014年7月31日 05:30 ]

<ロ・日>3回1死一、三塁、デスパイネは遊ゴロに倒れる。その間に三走・鈴木が生還

パ・リーグ ロッテ2-6日本ハム

(7月30日 QVC)
 ロッテの新外国人デスパイネが来日2試合目で初の4番に座り、3回1死一、三塁で三ゴロで1打点を稼いで2試合連続打点を記録。

 変化球攻めに苦しみ4打数無安打に終わったが「徐々にゲーム勘も戻ってきている。これからだよ」と前を向いた。投打とも精彩を欠いて連敗を喫した伊東監督は「デスパイネは変化球ばかり投げてこられているし、慣れるのが大事。逆にウチのバッテリーも参考にしないと」。単調な配球で失点を重ねたバッテリーに苦言を呈した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年7月31日のニュース