栄徳また大物食い 強打の中京大中京を4安打完封

[ 2014年7月31日 05:30 ]

第96回全国高校野球選手権愛知大会準決勝 栄徳6―0中京大中京

(7月30日)
 栄徳が自慢の投手力で再び強豪校を倒し、初の決勝進出を果たした。先発右腕の大塚が強打の中京大中京を4安打完封。春季大会の名古屋地区予選では0―8で完敗した相手で「あれから徹底的に走り込んで下半身強化してきた。リベンジができた」と笑顔だった。4回戦では、二枚看板のもう一人、左腕・大内が3連覇を狙った愛工大名電を1―0で完封し、5回戦でもシード校の愛知黎明に2―1で逆転勝ち。中野幸治監督は「投手は出来過ぎ」と目を丸くしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年7月31日のニュース