中日 4点差ひっくり返した!後半戦3カード連続の勝ち越し

[ 2014年7月31日 21:28 ]

<広・中>4回無死、左越えに本塁打を放ちベンチでハイタッチする和田

セ・リーグ 中日6―4広島

(7月31日 マツダ)
 中日が4点差を跳ね返して広島に逆転勝ち。後半戦に入り3カード連続の勝ち越しとなった。

 先発の伊藤が3回までに4点を奪われる厳しい展開の中、打線は4回、3試合ぶりにスタメン復帰した和田の16号左越えソロで反撃開始。四死球などで無死満塁とし、武山の三ゴロの間に1点を加え、さらに代打・谷の中犠飛、藤井の右翼への適時二塁打でさらに2点。この回4点を入れて同点に追いつくと、6回には藤井、荒木が連続適時打を放ち、試合をひっくり返した。

 降板した伊藤を引き継いだ救援陣が無失点リレー。最後は岩瀬が締めた。

 広島は序盤の4点を先発の戸田が守り切れず。打線も4回以降、散発2安打と中日のリリーフ陣に封じ込められた。 

 

 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年7月31日のニュース