カブス 投手のウッドが今季3本目のアーチ 通算9号

[ 2014年7月26日 20:24 ]

4回に3号ソロを放ちベンチで祝福されるカブス先発のトラビス・ウッド (AP)

ナ・リーグ カブス7―6カージナルス

(7月25日 シカゴ)
 25日にシカゴで行われたカブスとカージナルスの一戦でカブス先発のトラビス・ウッド投手(27)が4回に中越えの3号ソロを放った。

 元々バッティングに定評のあるウッドはこれで昨年に記録した1シーズン3本の本塁打数に並び、メジャーでの通算本塁打数を9にまで伸ばした。打点も今季はこれまで10を記録、投手の打撃成績としてはジャイアンツのマディソン・バムガーナ―の12に次いで2位の成績だ。

 投手として放った通算本塁打が最も多いのは30年代に活躍したウェス・フェレルの37本で、投手のシーズン最多本塁打も同じくファレルの9本。投球同様にウッドの今後の“打撃”にも注目したい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月26日のニュース