広島鮮やか2ランスクイズ!阪神戦連敗4で止める

[ 2014年7月26日 22:06 ]

<広・神>8回1死二、三塁、菊池のスクイズで三塁走者に続き、二塁走者・木村も生還

セ・リーグ 広島7―5阪神

(7月26日 マツダ)
 広島が鮮やかな2ランスクイズでシーソーゲームを制し、阪神戦の連敗を4で止めた。

 初回に先発・大瀬良が3点を失ったものの、初回にエルドレッド、2回に堂林の適時打で1点ずつ返し、3回には再びエルドレッドの適時打で同点。さらに敵失の間に1点を勝ち越した。7回にはエルドレッドが左中間へソロ本塁打を放ちリードを2点に広げたが、8回に中田が2ランを浴び試合は再び振り出しに戻った。

 追いつかれた直後の8回裏、先頭の会沢が中前打で出塁し、続く木村が四球。堂林が犠打で送り1死二、三塁とすると菊池が一塁線にセーフティスクイズを決め、守備がもたつく間に二走の木村まで一気に生還した。

 阪神は前日前田健から同点2ランを放った上本がこの日も一時は同点となる2ランを8回に放ったものの、リリーフ陣が踏ん張り切れず。9回には1死満塁と一打同点の好機を作ったものの、あと1本が出なかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月26日のニュース