オリ 守乱で連勝止まる…森脇監督「しっかり反省することが大事」

[ 2014年7月26日 05:30 ]

<ソ・オ>5回無死一塁、今宮に適時打を浴びマウンド上に集まる西(右から2人目)らオリックスナイン

パ・リーグ オリックス2-5ソフトバンク

(7月25日 ヤフオクD)
 オリックスは首位を走るチームとは思えない試合運びで、連勝は4で止まり、後半戦初黒星。森脇監督は「少しきょうは空回りしたかな。向こうを助けるプレーが多かった」と話した。

 2回、西が先頭に四球。続く本多のほぼ正面の強烈な打球を一塁手のT―岡田が捕球できず、二塁打にした。1死二、三塁から西の暴投であっさり先制を許すと、T―岡田の失策でさらに1点を失った。

 7回にも失策が絡んで2失点。チームの生命線である守りが崩れ、指揮官は「きょうに関しては、勝つのが難しいゲームだった。しっかり反省することが何より大事だ」と強調した。

 ▼オリックス・西(12年から8連勝と好相性を誇っていたソフトバンクに約3年ぶりの黒星)先頭打者を、もっとしっかり打ち取りにいかなければいけなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月26日のニュース