専大松戸・金子10K完投 上沢参考にしたフォームで好投

[ 2014年7月26日 05:30 ]

<専大松戸・柏日体> 完投勝利を挙げた専大松戸・金子は捕手・河村とハイタッチ

千葉大会準決勝 専大松戸5―2柏日体

(7月25日 QVCマリン)
 専大松戸は背番号10の3年生右腕・金子が5安打10奪三振2失点で完投勝利。初の決勝進出を決める力投に「あした(26日)のことも考えて打たせて取ろうと思った。チームが勝てて良かった」と笑顔を見せた。

 力感のないフォームはOBの上沢(日本ハム)を参考にしたという。持丸修一監督は「(4強の壁は)意識しっ放しだった。金子はよく投げた」とねぎらった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月26日のニュース