NTT東日本 37歳黒田が5回無安打無失点 1安打完封リレー

[ 2014年7月26日 05:30 ]

<NTT東日本・松山フェニックス>5回無失点の好投を見せたNTT東日本・黒田

都市対抗野球第8日・3回戦 NTT東日本7―0松山フェニックス

(7月25日 東京ドーム)
 ベテランの味だ。NTT東日本の先発・黒田が5回を無安打無失点。予選では出番がなかった37歳右腕は右打者の内角にシュート、左打者の内角にカットボールを駆使して凡打の山を築いた。

 全盛期の140キロ台後半の球速がない分、微妙に球を動かして内角をえぐった。安定感ある投球は打線の爆発を呼び、4投手による1安打完封リレーを演出した。

 「行けるところまで全力で行った。最初から飛ばしたし、5回はバテました」。無安打での交代にも「記録なんて考えていない。後は若手に任せました」と充実感をにじませた。飯塚智広監督も「いつ投げても仕事をしてくれる。守備に気を使う必要がない投球をしてくれた。さすがです」と絶賛。9回1死から4番手・高木が安打を許して継投での無安打無得点は逃したが、2試合連続の完封勝利と投手陣の充実ぶりが目立っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月26日のニュース