東海大菅生 逆転勝利で決勝進出! 日大三は4連覇ならず

[ 2014年7月26日 14:20 ]

<日大三・東海大菅生>勝った東海大菅生の選手はうれしさを爆発させる

西東京大会準決勝 東海大菅生12-6日大三

(7月26日 神宮)
 西東京大会の準決勝で、東海大菅生が終盤で得点を重ね日大三を下し12―6で勝利。2003年以来11年ぶりの決勝進出を果たした。28日に行われる決勝で国学院久我山を下した日大鶴ケ丘と対戦する。

 1―1の同点で迎えた6回、日大三が4得点を挙げ勝ち越したが、7回に東海大菅生は長短打の攻撃で一挙6得点で逆転に成功。9回にも5点を奪い突き放した。

 日大三は、4年連続の甲子園出場とならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月26日のニュース