イチロー 日本選手今季1号でヤンキース逆転!黒田は7勝目

[ 2014年7月26日 10:51 ]

ブルージェイズ戦の3回、今季初本塁打となる逆転3ランを放ち、三塁を回るヤンキースのイチロー

 ヤンキースの黒田が25日、ニューヨークで行われたブルージェイズ戦に先発し、5回2/3、94球、8安打4失点で7勝目を挙げた。

 この日は黒田にとってメジャー7年目で200試合目の先発(201試合目の登板)で、今季7勝6敗となり、白星が先行した。

 序盤からバティスタに2本塁打を打たれるなどピリっとしない黒田だったが、打線が援護。2―4で迎えた3回には、1点差と迫りなおも1死一、二塁でイチローが右越えへ今季初本塁打となる3ランを放ち、逆転に成功した。

  ここまで通算57打数24安打、打率4割2分1厘と得意にしているバーリーから放った今季の日本選手初本塁打。イチローにとっては、昨年8月30日以来の一発だった。この日は4打数1安打3打点、2三振、1四球。

 ブルージェイズの川崎も「2番・三塁」と4試合連続の三塁での先発、3回に右前打を放ったが、7回に代打を送られ交代した。この日は3打数1安打1三振だった

 ヤンキースは4連勝でア・リーグ東地区2位をキープ。ブルージェイズの連勝は3で止まった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月26日のニュース