イチロー 出場89試合目での今季1号に「ゼロでなくて良かったな」

[ 2014年7月26日 11:58 ]

今季1号となる3ランを放ち、チームメートに迎えられるイチロー(AP)

ア・リーグ ヤンキース6―4ブルージェイズ

(7月25日 ニューヨーク)
 ヤンキースのイチローが25日、ニューヨークで行われたブルージェイズ戦に「7番・右翼」で先発し、3―4の3回に1死一、二塁で右越えへ今季初本塁打となる逆転3ランを放った。

 序盤から苦しむ黒田を援護、さらにチームを4連勝に導く値千金のアーチは、イチローにとって今季89試合目の1号となり、昨年8月30日以来となるメジャー14年連続本塁打。しかも、日本人選手にとっても今季初本塁打だが、イチローは「ゼロでなくて良かったな、という感じです」と語った。

 打ったバーリーにはここまで通算57打数24安打、打率4割2分1厘と得意にしている投手だったが、今季初対戦とあり「対戦の感覚、ちょっと忘れていましたね」と語っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月26日のニュース