西武 逆転勝ち レイノルズ来日初勝利

[ 2014年7月26日 20:36 ]

<西・ロ>6回、判定に抗議し、退場を言い渡される伊東監督(左から2人目)

パ・リーグ 西武5―3ロッテ

(7月26日 西武D)
 西武がロッテに逆転勝ちした。

 1点を追う6回、1死一、二塁で金子の2点三塁打が飛び出し逆転に成功。さらに秋山の左前適時打で点差を広げた。5月1日以来の登板となったレイノルズが6回3失点で来日初勝利を収めた。

 ロッテは4回に3点を先制しながら、先発の涌井がその直後から失点を重ねて9敗目。8回の好機も得点できなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月26日のニュース