龍谷大平安 4番・河合が監督助言で今夏初アーチ

[ 2014年7月26日 05:30 ]

京都大会準決勝 龍谷大平安9―2東山

(7月25日)
 原点回帰の豪快弾だ。龍谷大平安は1点差を追いついた直後の3回2死二塁から河合が右中間最深部へ勝ち越し2ラン。4番の高校通算10本塁打が導火線になり、7回コールドで決勝進出を決めた。

 「センターを越えるかな、と思ったけど、風にも乗って入ってくれました」。今春の選抜決勝、履正社戦で2ランを放った主砲も、フォーム改造で試行錯誤を繰り返し、今大会はここまで本塁打ゼロ。原田英彦監督の「前のように、もっとどっしり構えろ」の助言が一発の陰にあった。「決勝はどんな試合でも勝ちたい」と指揮官は春夏連覇への意欲を言葉にこめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月26日のニュース