今宮、バスター2度決めた!オリとの首位攻防戦に先勝

[ 2014年7月26日 05:30 ]

<ソ・オ>5回無死一塁、右中間に適時二塁打を放つ今宮

パ・リーグ ソフトバンク5-2オリックス

(7月25日 ヤフオクD)
 ソフトバンクの今宮がバスターを2度決め、首位オリックスに0・5ゲーム差と肉薄した。

 まずは2―1の5回無死一塁。「イメージでは右方向。バスターだから空振りだけは駄目」と言い聞かせ、初球を右中間への適時二塁打とした。3―2の7回無死一、二塁では、バントを2球連続でファウルとしたが、すぐに切り替えて3球目を転がし、二塁内野安打。相手の悪送球も誘発し、4点目を奪った。

 昨季はリーグ新記録の62犠打をマークした2番打者。「これから使えるものが増えたんじゃないかと思う。相手にそう思わせるだけでも違う」と手応えをつかんだようだ。秋山監督も「うまいこと決まったね。打線がつながっていればそれでいいけど、そうじゃなければ細かい野球をどんどんやらないといけない」と上機嫌だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月26日のニュース