ヤクルト DeNA戦7連敗…トレード移籍山中の好投が光明

[ 2014年7月26日 05:30 ]

<ヤ・D>力投する山中

セ・リーグ ヤクルト2-3DeNA

(7月25日 神宮)
 ソフトバンクからトレード移籍したヤクルト・山中が1―3の8回無死から4番手で登板。下手投げの変則右腕はブランコを直球で二飛に打ち取るなど、打者3人を全てフライアウトで打ち取り初登板を終えた。

 「あれ(フライアウト)が僕の持ち味。こういう投球を続けていきたい」。対DeNA戦7連敗の中で唯一の光明となり、高津投手コーチも「制球が良さそう。四球が嫌な場面でも投げさせられるかな」と評した。

 ▼ヤクルト・バレンティン(一打サヨナラの9回2死二、三塁に捕邪飛)打ち取られてしまったというだけ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年7月26日のニュース