ダル 復帰は4月中旬も…首痛でDLスタート濃厚

[ 2014年3月28日 05:32 ]

 首の寝違えで開幕投手を回避したレンジャーズのダルビッシュ有投手(27)は26日(日本時間27日)、ダラス市内の病院で精密検査を受けた。骨や筋肉などには異常は見られなかったが、戦列復帰は4月中旬にずれ込む可能性が出てきた。

 報告を受けたジョン・ダニエルズGMは「朗報には違いない。ただ、開幕は故障者リスト(DL)で迎えるだろう。(復帰には)2週間程度かかるのでは」と説明。29日(同30日)にキャッチボールを再開するが、実戦登板は16日のホワイトソックス戦が最後。そのため今後はブルペン投球、マイナー戦での実戦登板と段階を踏んで復帰を目指すことになる。

 代わる開幕投手には昨季セットアッパーを務めた3年目のシェパーズが指名された。先発経験のない開幕投手は、81年のドジャースのフェルナンド・バレンズエラ以来33年ぶり。また、1枠空いた先発5番手には2Aまでしか経験のない無名の23歳マルティネスを抜てきするなど、レ軍は苦しい布陣で開幕を迎える。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月28日のニュース