谷繁兼任監督 ホロ苦デビュー、ハーフスイングで三振ゲームセット

[ 2014年3月28日 21:50 ]

<中・広>10回、勝ち越しを許しガックリベンチに引き揚げる谷繁兼任監督

セ・リーグ 中日2―3広島

(3月28日 ナゴヤD)
 中日は守護神の岩瀬が打たれ、昨年に続き開幕戦2連敗。谷繁兼任監督は黒星発進となった。

 1回、2死三塁から平田の内野安打で先制すると、2回には和田のソロ本塁打で追加点。昨季1勝3敗と苦手としていた広島・前田健から序盤に2点を奪った。6年ぶりの開幕投手を務めた川上は5回まで2安打無失点に抑えていたが、6回無死一塁からキラに2点弾を浴び同点に追いつかれた。

 同点で迎えた10回、守護神の岩瀬が誤算。3連打を浴び1点勝ち越しを許した。その裏、四球などで2死二塁と一打同点の好機を作り、打席は谷繁監督。次打者には代打・小笠原も控えていたが、ハーフスイングをとられ三振。ホロ苦い兼任監督デビュー戦となった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月28日のニュース