内川 4安打4打点 ソフトB 打線爆発で開幕6連勝

[ 2014年3月28日 22:19 ]

7回2死一、三塁、左越えに3ランを放った内川はガッツポーズ
Photo By スポニチ

パ・リーグ ソフトバンク11―5ロッテ

(3月28日 ヤフオクD)
 ソフトバンクが16安打11点と打線が爆発。ロッテに打ち勝ち、1引き分けをはさみ、開幕戦6連勝を飾った。

 ソフトバンクは3回に李大浩、松田の適時打で逆転に成功。4回に追いつかれたが、その裏に内川の適時打で再度リードした。5回に2点を奪ってリードを広げると、7回には内川の3点弾でとどめを刺した。内川は4安打4打点と大活躍した。

 ロッテは初回、1死二塁で3番井口が左翼フェンス直撃の適時二塁打で先制。リードされた直後の4回に鈴木の右翼線2点二塁打で同点としたが、先発の成瀬が5回を持たずにKO去れたのが誤算だった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年3月28日のニュース