菅野 上原以来の大役にも冷静「立ち上がりですね」

[ 2014年3月28日 05:30 ]

練習を終えて笑顔で引き揚げる菅野

セ・リーグ 巨人―阪神

(3月28日 東京D)
 初の開幕投手を務める巨人・菅野が試合を支配する。2年目での大役は00年の上原以来。短距離ダッシュにキャッチボール、遠投で調整を終え「0点にこだわるよりも、試合の流れをつくることが大事。(警戒するのは)立ち上がりですね」とイメージした。

 昨オフは直球の球質の向上をテーマに掲げた。「今年の軸になるボール。展開をみて、押すところは押して、引くところは引いていきたい」と冷静に阪神打線に立ち向かう。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年3月28日のニュース