神村学園 東ガックリ「低めの球がことごとく…」

[ 2014年3月28日 05:30 ]

<福知山成美・神村学園>敗戦に肩を落とす神村学園ナイン

第86回選抜高校野球大会2回戦 神村学園0―12福知山成美

(3月27日 甲子園)
 神村学園の先発右腕・東は福知山成美打線を止められなかった。「低めの球がことごとく外れてしまった。リズムをつくれなかった」と声を落とした。

 調子は悪くなかったというが、微妙な制球に苦しむ。ストライクを取りにいったところで集中打を浴び5回6失点。降板して三塁の守備に就いた。投手としては小柄な1メートル69のエースは、5番打者としても無安打に終わり「流れを変えるには点を取るのが一番だったけど、できなかった」と悔やんだ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年3月28日のニュース