佐野日大・田嶋VS智弁・岡本 注目対決は1安打2三振に終わる

[ 2014年3月28日 16:22 ]

智弁学園戦に先発した佐野日大・田嶋
Photo By スポニチ

第86回選抜高校野球大会2回戦 佐野日大5―4智弁学園

(3月28日 甲子園)
 プロ注目の佐野日大の左腕・田嶋と初戦2本塁打の智弁学園・岡本の対決は、4打数1安打に終わった。

 岡本の初回の第1打席は田嶋のスライダーに左飛に打ち取られた。4回の第2打席は無死二塁の好機、カウント2―1の3球目に三塁盗塁が決まり、フルカウントまで進むが田嶋の内角低めへのスライダーに空振り三振。

 6回の第3打席は1死三塁の追撃チャンス、スライダーに2度の空振りもフルカウントまで持っていきながらも7球目が内角低めに決まり見逃しの三振。8回の第4打席は1死二塁で一発が出れば同点だったが、低めのスライダーをはじき返し遊撃内野安打を放った。

 10回の第5打席は田嶋のスライダーがすねに当たる死球となり、岡本の4打数1安打2三振1死球だった。岡本は9回から救援でマウンドに上がったが10回に1点を失いサヨナラ負けを喫した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年3月28日のニュース