白鴎大足利・大川は肺挫傷と骨折 外野守備で味方と交錯

[ 2014年3月28日 19:46 ]

第86回選抜高校野球大会2回戦 白鴎大足利1―8沖縄尚学

(3月28日 甲子園)
 選抜高校野球大会の大会本部は28日、第2試合の守備で負傷した白鴎大足利(栃木)の大川善弘右翼手の診断結果を「肺挫傷と気胸。肋骨1本が折れ、2本にひび」と発表した。試合後に兵庫県西宮市内の病院で診察を受けた。肺の中に出血がみられ、痛みもあるため入院した。

 大川右翼手は沖縄尚学戦の7回、飛球を追って中堅手と交錯して倒れた。8回途中の守備で交代した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年3月28日のニュース