駒大苫小牧 伊藤大悔しい5失点「まだまだだと…」

[ 2014年3月28日 05:30 ]

<履正社・駒大苫小牧>サヨナラ負けを喫して甲子園を去る駒大苫小牧ナイン

第86回選抜高校野球大会2回戦 駒大苫小牧6―7履正社

(3月27日 甲子園)
 駒大苫小牧は1回戦の創成館(長崎)戦で3安打完封した伊藤大が打ち込まれた。

 3回途中から救援登板して8安打5失点。サヨナラ負けに2年生右腕は「これまで感じたことのない勢いを(履正社から)感じた。先輩たちに申し訳ない気持ちでいっぱい」と悔しがった。今大会で喜びも悲しみも味わった背番号15は「まだまだだと気付かされた。エース番号を背負って戻ってきたい」と夏の飛躍を誓った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月28日のニュース