海老蔵 人生初の始球式はお見事ストライク!ブログで「楽しかったー」

[ 2014年3月28日 18:02 ]

歌舞伎俳優の市川海老蔵

セ・リーグ ヤクルト9―1DeNA

(3月28日 神宮)
 プロ野球は28日、セ、パ両リーグが同時開幕し、80周年を迎えるシーズンが始まった。

 神宮でのヤクルト―DeNA戦では歌舞伎俳優の市川海老蔵(36)が人生初の始球式に登板。スーツ姿でマウンドに上がった海老蔵は見事なフォームで、DeNA1番石川の胸元にストライクを投げ込んだ。

 海老蔵は両手を挙げて歓声に応え、ボールをスタンドに投げ込んで“千両役者”ぶりを見せつけた。

 オファーを受けた際には「開幕戦の始球式という大役を仰せつかり、光栄に思っております。初めての経験ですが、精いっぱい務めさせていただきます」という意気込みを見せていた。

 投球直後にはブログを更新、マスコットキャラクターのつば九郎とのツーショット写真を載せ「楽しかったー」と感想をつづり、記念のユニホームを贈呈されたことを喜んでいた。

 また、国歌はさだまさし(61)が白いスーツを着て独唱した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月28日のニュース