ヤクルト 新人西浦 プロ初打席初球を本塁打 セ初の快記録!

[ 2014年3月28日 18:42 ]

<ヤ・D>1回1死一、三塁、左中間3ランを放つヤクルト・西浦

セ・リーグ ヤクルト9―1DeNA

(3月28日 神宮)
 ヤクルトのルーキー西浦がプロ初打席初本塁打を放った。

 「8番・遊撃」でスタメン出場した西浦は初回、1死一、三塁でDeNA先発三嶋の初球の直球をたたき、左翼中段への一発。プロ初打席、しかも最初のひと振りでメモリアルアーチを放った。これで初回ヤクルトは7点を先取。昨季最下位のチームにとって、最高の出だしとなった。

 今季法大からドラフト2位で入団。守備に定評があり、ポスト宮本として高評価を得ていたが、キャンプ、オープン戦ではバッティングでも力強さをアピール。奇しくも法大の先輩三嶋から記録にも記憶にも残る1本を放った。

 開幕戦でルーキーが初打席本塁打するのはセ・リーグでは初、パ・リーグでは1950年に毎日(現ロッテ)の戸倉が記録している。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月28日のニュース