松井稼が先制2ラン 頼れるキャプテン「体がうまく反応した」

[ 2014年3月28日 23:00 ]

<西・楽>2回2死三塁、右越えに2ランを放ち、三走・ジョーンズ(左)と指タッチする松井稼
Photo By スポニチ

パ・リーグ 楽天2―1西武

(3月28日 西武D)
 楽天の松井稼が今季初打席で先制の2ランを放った。2回2死三塁で初球のスライダーを右翼席に運び「ホームランは予想以上の結果。体がうまく反応した」と自身も驚く一打が結果としてチームを勝利に導いた。

 独特の雰囲気を持つ開幕戦でぜひとも欲しい先制点を頼りになるベテランがもたらし、則本がリードを守り切った。10月で39歳になる主将は「とにかく勝てたことが良かった。きょうは則本でしょう」とプロ初完投勝利を挙げた2年目右腕を持ち上げた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年3月28日のニュース