上武大・中 あと二塁打出ればサイクル安打

[ 2013年6月12日 06:00 ]

<上武大・福井工大>1回2死一塁、上武大・中が放った中越えの打球は適時三塁打となる

全日本大学野球選手権第1日 上武大8―1福井工大

(6月11日 神宮)
 上武大は6番に座った中が、3安打2打点をマークした。

 初回2死一塁から中越え適時三塁打を放つと、5回には今大会1号となる中越えソロ。7回には右前打を放ち、二塁打が出ればサイクル安打の活躍に「自分でも思ってもいない結果が出て良かった」と喜んだ。昨年は1年生ながら4番を任されたが初戦敗退。「この勢いのままいきたい」と意欲を見せた。

 ▼福井工大・下野博樹監督(コールド負けに)色々な課題が見えた。またやり直して勝てるチームをつくりたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年6月12日のニュース