田沢暴投反省「無失点で切り抜けていたら…」

[ 2013年6月12日 06:00 ]

レイズ戦の7回途中から登板し、1回1/3を1失点のレッドソックス・田沢

ア・リーグ レッドソックス10―8レイズ

(6月10日 セントピーターズバーグ)
 暴投で同点を許したレッドソックスの田沢は「申し訳ない気持ちが強い。無失点で切り抜けていたら後(の展開)が変わっていたと思う」と悔やんだ。

 8回2死三塁のピンチで、速球が内角に入りすぎて打者の後ろにそれた。制球に苦しんだ右腕は「調子自体は悪くなかったが、うまくボールに対応できなかった」と反省ばかりが口をついた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月12日のニュース