長野 10戦ぶり「1番」復帰で4安打3打点の大暴れ

[ 2013年6月12日 22:10 ]

7回巨人1死、長野が中越えに本塁打を放つ
Photo By スポニチ

交流戦 巨人7-1オリックス

(6月12日 京セラD)
 10試合ぶりの「1番」に復帰した巨人・長野が大暴れした。初回に右安打で出塁すると、5回には無死一、三塁から中前適時打。さらに2-1と1点差に迫られた後の7回、中越え9号ソロで貴重な追加点を奪った。8回にも2死満塁の場面で左前適時打と、5打数4安打3打点でチームを大勝に導いた。

 試合後、1番復帰について聞かれた長野。「何番でもやることは一緒なんで」と冷静に話したが、しっかりと役割を果たしたことに満足げな表情を浮かべていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月12日のニュース