ライアン魂だ!創価大・石川が公式戦初完封

[ 2013年6月12日 06:00 ]

<創価大・四国学院大>創価大先発・石川のひねりながら足を上げる独特のフォーム

全日本大学野球選手権第1日 創価大4―0四国学院大

(6月11日 東京D)
 創価大の4年生右腕・石川が9回を5安打に抑え、公式戦初完封勝利を挙げた。

 昨年まで在籍したヤクルト・小川の「一球一球に魂を込めて投げろ」という教えを胸に8奪三振。「小川さんが抜けたことは大きい。自分が引っ張らないといけない」と自覚を口にした。小川ほどではないものの、左足をベルト付近の高さまで上げるフォーム。「目標は日本一です。自分の役割を完璧にこなします」と力を込めた。

 ▼ヤクルト・小川(創価大OB)試合を観戦していた友人から結果を聞きました。また、あす(12日)も勝ってくれると思います。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月12日のニュース