吉川 季自己ワーストタイ5失点「チームに申し訳ない」

[ 2013年6月12日 23:01 ]

3回、阪神・マートン(奥)に3ランを浴びた日本ハム先発の吉川

交流戦 日本ハム1―6阪神

(6月12日 札幌D)
 日本ハムの吉川は序盤から防戦一方だった。1回にわずか5球で先制を許すと、3回には好調のマートンに3ランを浴びた。今季自己ワーストに並ぶ5失点に「ピンチで粘りきれずに失点を重ね、チームに申し訳ない」と肩を落とした。

 右肘の張りで出場登録を外れていた武田久がこの日から復帰し、ベテランの稲葉も8試合ぶりに先発出場するなど、明るい材料も増えてきた。そんな中で、過去3試合続けて好投していた左腕は先発の責任を果たせなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月12日のニュース