陽岱鋼の連続試合全イニング出場 200試合で途切れる

[ 2013年6月12日 20:07 ]

交流戦 日本ハム―阪神

(6月12日 札幌D)
 昨季はパ・リーグでただ一人、全イニング出場を果たした日本ハムの陽岱鋼が四回の守備から交代し、一昨年の10月18日から続いていた連続試合全イニング出場が200試合で途切れた。

 試合前から両ふくらはぎに違和感を覚えていたそうで、3回の第2打席で「走った時に右の方が(張りが)強かった」と明かす。連続記録がストップしたことには「まあしょうがない。またつくれる」と前向きに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月12日のニュース