吉田 血行障害乗り越え公式戦初先発で5安打完封!

[ 2013年6月12日 20:53 ]

全日本大学野球選手権第2日 富士大2―0京都学園大

(6月12日 東京D)
 富士大の2年生、吉田が右指の血行障害を乗り越え、公式戦初先発を5安打完封勝利で飾った。

 今年4月に発症したため春のリーグ戦は登板できなかったが、優勝決定戦には間に合い救援した。不安を持ちながら送り出した青木監督は「調子が一番良かったから先発させた。心配はあったが、信頼していた」と、ほっとした様子だった。

 吉田は試合途中に捕手から指のマッサージを受けた。「少し指が冷たくなったので。ばてたが、投げきれてよかった」と端正な顔をほころばせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月12日のニュース