青木、連続試合安打11で止まる…チームの連勝もストップ

[ 2013年6月12日 10:55 ]

マーリンズ戦の5回、一直に倒れ肩を落とすブルワーズ・青木

 米大リーグ、ブルワーズの青木は11日(日本時間12日)マイアミでのマーリンズ戦に「1番・右翼」で出場、4打数無安打に終わり、連続試合安打は11で途切れた。ブルワーズは4―5で逆転負けし、連勝は4で止まった。

 初回、5月25日以来73打席ぶりとなる見逃し三振に倒れた青木は3回無死一塁の場面で投ゴロ、5回は2死二塁のチャンスに一直に倒れ、7回の第4打席も一ゴロと、最後まで快音は聞かれなかった。

 ▼青木の話 三振するとすれば、ああいう形かなと思っていた。それが最初の打席に来た。(連続試合安打が11で途切れ)悔しいですけど、今日はピッチャーが良かった。切れもあったし、コントロールも良かった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月12日のニュース