宮国8回途中まで2失点 交流戦明けから1軍復帰

[ 2013年6月12日 06:00 ]

<日・巨>力投する宮国

イースタン 巨人3―4日本ハム

(6月11日 鎌ヶ谷)
 不振で2軍落ちしていた巨人の宮国が交流戦明けから1軍復帰することになった。

 イースタン・リーグの日本ハム戦(鎌ケ谷)に先発し、7回0/3を4安打2失点。今季開幕投手を務めた21歳は「要所を抑えて投げることができた」と笑顔。試合前に川口投手総合コーチが「後は結果だよ」と話していたが、大谷との投げ合いで一歩も引けを取らなかった。原監督は「(交流戦明けの)6試合の中で投げるでしょう。6試合目(27日の広島戦、マツダ)あたり」と5月6日の阪神戦(東京ドーム)以来の先発起用を示唆した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年6月12日のニュース