2011年ドラ1右腕がデビュー勝利 リンスカムに投げ勝った

[ 2013年6月12日 15:49 ]

ジャイアンツ戦に先発し、6回1/3を2失点でデビュー戦を白星で飾ったパイレーツのコール

ナ・リーグ パイレーツ8―2ジャイアンツ

(6月11日 ピッツバーグ)
 2011年6月のドラフト会議で全体1位指名を受けてパイレーツ入りしたコールがデビュー戦を白星で飾った。ジャイアンツ相手に先発し、6回1/3を7安打2失点と力投した上に先制の2点適時打もマーク。注目の22歳右腕は「これ以上は望めない。けっこう長く投げられたし、ヒットも打てた」とうれしそうに言った。

 150キロ台半ばの速球を披露するなどして、6回までを無失点。サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を2度獲得したリンスカムとの投げ合いを制し、詰め掛けた3万人以上の観衆から、大歓声を浴びた。(AP=共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月12日のニュース